2007年02月19日

風林火山と太閤立志伝 

現在、ずーっと太閤立志伝5をやっている・・・続きを読む
posted by きよくん at 22:08| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

太閤立志伝5

長らくブログを放置プレイしておりました。理由は、大学の・・・続きを読む
posted by きよくん at 23:18| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

明智光秀で統一

アオさんからバトンを貰っているのですが、取り急ぎはエンパネタを・・・。

明智光秀・本能寺・難しい・引継ぎで統一したのですが、慣れてきただけあって1時間くらいで統一してしまいました。

その中で、面白いことが2つ。

あと一国とした後でとことん臨時徴兵・臨時徴税を繰り返し(10年以上)、1598年になったら、「羽柴秀吉を慕って羽柴秀頼が仕官」。次のターンに、お市と秀頼が登場し

秀頼「お祖母さんのために頑張ります」
お市「私が・・・お祖母さん・・・」

たしかにそうですよね。
ただ、1598年時点では秀頼はとても戦に出られる年齢ではないはずですが。

その後統一したら、面白いエンディングが。

 1598年に明智幕府が開いたのですが、まず筆頭家老が最後のターンで雇用した「志村光安」(笑)。関東管領として54万石を得たそうな。
 それだけでも萎える(by佐々木小次郎)なのですが、10数年後、光秀はなんと信頼していた重臣に暗殺され(このエンディングは偶然でしょうか)、大混乱の中、後を継いだのは「志村家」。
 しかし大寒波・洪水が相次ぎ、志村家に反旗をひるがえす大名が多発。とうとう戦国時代に戻ったとのこと。

 同じ悪政エンディングでも、それまで取った政策によって結果が異なるんですね。
 現在は長宗我部でやってますが、そろそろ「龍が如く2」を買おうかと思ってまして、そうなると更新が止まってしまうかも。

 ただ、「大神」も買うので、そちらだと歴史ゲームなのでブログ更新でき
ます。
 イザナギ、アマテラス、コノハナサクヤヒメなど、聞くだけで萌える(=古代日本マニア)なので楽しみです。







posted by きよくん at 20:29| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

葵 〜  徳川三代

久しぶりにゲーム以外のネタを。

今、時代劇専門チャンネルで午後10時から必ず「葵 〜 徳川三代」を見ている。これは大河ドラマの再放送なのだが、大変面白い。

30年近く見た大河ドラマの中で自分的には3位くらいに位置する。

まず面白いのは、家康(津川雅彦)が史実に近いと思われること。少なくとも、僕は、家康は短気だったと思う。

秀忠(西田敏行)が情けないこと。まあ、これはどのドラマでもほとんど同じだが。

お江(岩下志麻)が怖いこと。これもどのドラマでも同じか。

淀が「小川真由美」であること。小川真由美+大河と言えば「武田信玄」での化け物「八重」のイメージが強いが、淀のイメージをある意味ぶち壊してくれた。「功名が辻」の淀・永作博美とはえらい違いだ。


しかしもっともいいと思うのは、「千姫」がかの「松本まりか」であることだ。

僕は声優とかにはまったく興味ないが、唯一声で「萌える」のは松本まりかである(笑)。

ファイナルファンタジー]、]−2でのリュックの声。あのアニメ声が千姫の口から出る。これだけで萌えるには十分である。

ちなみにちょっと前に松本まりかは昼ドラにもそこそこの役で出ていたが、やはり同じ声であった・・・当たり前か。
posted by きよくん at 21:59| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

数限りない統一

戦国無双2エンパ、面白すぎ。

某ゲームレビューサイトでは辛口の評価されてましたが。

なんどもなんども統一したのですが、その中で、面白いエンディング

が・・・続きを読む
posted by きよくん at 18:52| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

長政で統一詳細

 浅井長政で川中島シナリオ統一後、怒涛のごとく伊東(本能寺シナリオ)、豊臣秀頼(関ヶ原シナリオ)、新武将(群雄割拠シナリオ)で統一し、ブログアップの暇がありませんでした(笑)。

 今でこそコツをつかんで「普通」でも簡単に統一できるようになったものの、はじめてやった浅井長政では大変な労力(笑)。
 戦国BASARA2(簡単!)とのギャップに驚いた次第ですが、経過を大まかに書きますと・・・続きを読む
posted by きよくん at 16:06| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

浅井長政で統一

 戦国無双2EMPIRESを買ったのはいいが、何も考えず「普通」レベルで開始したところ、ぜんぜん「普通」ではなかった(笑)。
 戦国BASARA2とぜんぜん違って難しい! 

 行きがかり上なぜか浅井ではじめてしまったのであるが、大変な思いでようやく全国統一した。

 主力は近江勢力+やはりお市がらみで勝家。

 今日は遅いので次回にでも細かい突っ込み点を書きます・・・。

 
posted by きよくん at 01:25| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

戦国無双2エンパ

とうとう買いました。

今からスイッチ入れます。

ああ、この瞬間が、いい・・・(戦国BASARAの光秀風に)。


posted by きよくん at 18:53| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

戦国BASARA2 称号集め

戦国BASARA2の称号を集めていて、現時点でほとんど集めてますが、

今日は取るのが難しかったものについての1回目。

「天上天下唯我独尊」は、初期装備で天下統一(究極)クリアという条件。

 真田幸村(レベルMAX)で初期の武器(レベルMAX)を装備したのみで

 順序は 北条→ 浅井 → 前田利家・まつ → 伊達 → 今川 → 明智 → 島津 

 で統一したのですが、かなり苦戦しました。

 とくに前田家家中戦は、利家・まつが別々に居て異様に強く、何度もやり直したのですが、皆様はいかがでしょうか?

 
posted by きよくん at 00:36| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

戦国BASARA2 真田幸村で無限に稼ぐ

戦国BASARA2でかなりのお金を稼ぐ方法を書きますが、
追記にしとくので、ご覧になりたい方のみどうぞ。
多分、他の攻略ページにも載っていると思いますが
実践編として・・・・・・続きを読む
posted by きよくん at 15:00| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

戦国BASARA2 無限の金

とうとう、無限(というか1面で10万両以上)にお金が入る
ようになりましたが、ここに書いていいのかどうか。

皆様読者方の楽しみを奪ってしまうとまずいのですが、
真田幸村で無限に稼いでます。

posted by きよくん at 23:39| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とうとう最高連撃!戦国BASARA2

昨夜からの研究の結果、とうとうやりました。
連撃99999!

やり方は
1 竹中半兵衛 レベルMAX
2 京都けんか祭 究極
3 攻撃数が1プラスの武器
4 アイテム=@コンボ入力時間が増えるアイテム
  A攻撃数が1プラスのアイテム
  BBASARA技の攻撃数が1プラスのアイテム
  C相手の体力が倍になるアイテム 
  D味方がついてこなくなるアイテム
5 ほら貝兵のそばでただひたすらに「華やかに」(レベルMAX)連射。
  BASARAゲージがたまったら随時BASARA技。
  そのフィニッシュ時に連撃が途切れないように注意。
  ほら貝兵を攻撃しないように注意

これでいくらでもお金が稼げます。
ただ、「あぶく銭」アイテムは使えません。
10万両貯まったのですが前田慶次に5発殴られて・・・(笑)。

ついでに称号も集めて武蔵が出ました。
ますますはまってます。
posted by きよくん at 17:52| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

戦国BASARA2の連撃

どんどんはまってます。

竹中半兵衛で連撃どのくらいいけるかをやってますが、
「京都けんか祭り」「難しい」で、武器・アイテム取り揃え、
「華やかに」と「BASARA技」の連発で現在最高35000くらいです。

めざせ!99999!

視点切り替えが難しい上に、半兵衛の場合、秀吉が邪魔するよ〜!仲間がついてこないアイテムつけてもついてきちゃう。ほら貝兵をぶん殴るのはやめてくれ!
posted by きよくん at 23:00| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

戦国BASARA2

時間がいくらあっても足りません。

くだらないけどおもしろい。

↓ のストーリーモードを猛烈な勢いでクリア 

@前田慶次・・・やはりかっこいい。突っ込みどころが無い。

Aまつ・・・おにぎり食べたい

B前田利家・・・ご先祖様だが馬鹿すぎ!

C伊達政宗・・・「てんしょん」上げて行こう!

Dかすが・・・上杉謙信とはひょっとして女同士の・・・?

E織田信長・・・ううっ キャラ的に秀吉に負けてるぞ!

F長曾我部元親・・・実物は色白のなよなよじゃなかったっけ?

G毛利元就・・・なんで秀吉より若いの?

突っ込みどころ多数だが、それ以前にこんな姿、とても学生には見せれな

い・・・。

「アメージング、ザビー!!」だ。

posted by きよくん at 22:37| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

あまりにも面白すぎる戦国BASARA2

とうとう買いました。

戦国BASARA2

これほどまでにめちゃくちゃな戦国ゲームは初めてです。

面白すぎます。

伊達政宗、なぜ英語を知っているのか。

前田慶次、かっこいいです。

お市、アブないです。

豊臣秀吉、化物です。

竹中半兵衛、少年ジェットです。

長曾我部元親、暴走族のリーダーです。

織田信長、怖いです。

この夏はこれでつぶれそうです。
posted by きよくん at 18:32| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

久しぶりにアップします

忙しいことや体がつかれきっているので更新してませんでしたが
更新します。

元康さん、コメントありがとうございました。

サッカー日本代表のひ弱さは目を覆うばかり。
キーパーは楢崎の方がいいと思います。
キーパー川口、采配ミス、あと少しで逆転負け・・・
フランスワールドカップ予選、1997年9月の国立での日韓戦そっくりです。
僕はあの場所に居ました。

さて、夏休みは戦国BASARA2と、7月20日に出る、とあるプロレスゲームをやることになりそうです。

戦国BASARA2、お市の暗さが気になります。
あと1、2本、歴史関係のゲームが出ればいいのですが・・・。

そういえば、ほぼ毎年、NHK大河ドラマにちなんだゲームが出てますが、
「功名が辻」をテーマにするゲームって難しそうですが、出るのかな?

posted by きよくん at 19:03| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

蒲生風呂

 やっと年度末・年度初めの面倒な行事=卒業式・入学式などが終わり、ようやくブログを書く暇が出来ました。

 今日は、大ファンの戦国武将の一人、蒲生氏郷について。
 周知のとおり信長の娘婿ですが、文武両道の名将であることはいまさら書くまでもありません。決戦Vでは不調のときも使ってました(笑)。いろんな技を覚えますからね。氏郷の隕石とか変化とかなかなかオツなものでした。
 
 そんな氏郷の中で最も好きな話が・・・続きを読む
posted by きよくん at 15:04| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

藤堂高虎的生き方

 今日は、藤堂高虎について。
 決戦Vで好んで(最も多いではない)戦に連れて行った武将は、蒲生氏郷・アマリア・そして藤堂高虎です。弓兵隊として援護射撃させてました。
 ただ、藤堂高虎は、一般に評判悪いですね。7回主を変えているのがその理由で、「その時歴史が動いた」でも、主を(コロコロと)変えて出世していったという扱いでした。とくに評判が悪いのが、豊臣家をさっさと見限って徳川家康についた(とされる)こと。このため、豊臣恩顧の大名から嫌われたのは言うまでもないのですが、さらに、家康のお気に入りになったことにより、徳川譜代の武将からも面白くない、と思われました。
 しかし、一つの主にずっと仕えなければならないという価値観は、諸説ありますが、必ずしも当時の主流的価値観ではない(と思います)。生き残るため、出世するために主を変えるのは別に珍しくもないのですが、高虎の場合、一番目立つ・露骨に主を変えたという点で批判されるのでしょうか。また、どんどん出世したのでねたまれたところもあります。
 そもそも、主に正当に評価してもらえなければ、正当に評価してもらうところに移動するというのは、古来、そして、今でも当たり前のことで、終身雇用が崩壊しつつある現代、高虎の身の処し方は高く評価されるべきと思います。主を変えたことでうまくいくかわからないのに行動に移すという行動力、さらに悪評を気にしないという心の強さ、また、新しい主の元で実力を発揮してやるという気概と自分への自信・・・。これこそ、現代サラリーマンに欠如しているものではないでしょうか。さらに言えば、豊臣家に対しても内部ではいろいろあって含むところがあったみたいですし、そもそも裏切りといえるかどうかも疑問です。
 ただ、理由はなんであれ、主を変える性質が250年受け継がれたのでしょうか。戊辰戦争で真っ先に幕府を裏切って官軍についたのが藤堂藩だったのは笑える(ある意味笑えない)話でしたが・・・。
 さて、僕も、正当な評価をしてくれるところに「藤堂高虎」しちゃおうかな・・・(笑)。
posted by きよくん at 14:06| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

織田信長伝

 
 今日は、あまりこのゲームのレビューを聞かないのですが、コーエーの「織田信長伝」について少し語ります。 
 オリエンタルラジオの武勇伝とも、石川梨華率いる美勇伝(写真集、素晴らしい!)とも違うことをあらかじめお断りしておきます。


 
 2年程前、まだ東京にいたころ、当時博士論文を書くために半年間一歩も(本当に一歩も)外に出なかった僕は、ようやく論文を書き上げ、半年振りに外に出ました。歩くのがきつくてふらふらになった中、ようやくしばらく遊べると思って、何かゲームを買おうと思ったものの、論文の邪魔になるのでPS2本体は実家(九州)に。それでも、なんとなくソフ○ップに行ったら真正面に目に付いたのが「織田信長伝」でした。PSのゲームだし、画面もちゃちそうだったのですが、安いからまあいいかと思って買ったのですが、まったく期待してませんでした。
 しかし、スイッチを入れたとたん、それはいい方向に裏切られました。確かに画像はしょぼい。しかし、内容は、期待していなかった分、かえって、非常に面白く感じました。このあたり、初代ファミコンで出た「ダービースタリオン」が極めて面白かったことと似ています。
 物語を進めつつ、軍議や武器の改良を行いつつ、戦闘を進めるのですが、基本的に選択肢によって話が分岐していくのですが、進め方次第では架空の話に行きます。ネタバレ覚悟で言えば、弟の信○を切るかどうかとか、武田滅亡後と家康の接待の2回で光秀を○○かどうかとか。林○○と佐久○信盛を追放するかどうかで本能寺の難易度が変わるとか(あっ ここまで書くとまずいか?)。本能寺を脱出する際、どの方角に逃げるかとか・・・。うまく逃げ切ってうまい選択肢にいくと、信長が天下統一できます。その際のラスボスは・・・やはりあの人です。
 さらにこのゲームの特徴は、結構敵が強いです。最初の方で(これは書いてもいいと思いますが)、義竜に攻められた斎藤道三を救いに行くのですが、道三隊は3ターンくらいで全滅してしまい、近づくことさえ出来ません。それはそれでゲームオーバーにはならないのですが、なんとか助けたく、何十回やっても駄目でした。また、金ヶ崎では、一定条件を満たしてクリアすると別シナリオに入るみたいですが、条件が厳しくてなかなか。下手すると全滅します。本願寺もうっとおしい。
 後半になって伊賀攻めでもしようものなら、敵忍者に、ぼこぼこにされます。その面をクリアしたこともありません。本能寺でも、信長・信忠だけで逃走することは可能ですが、かなり難しい。やはり、林○○殿と佐久○信盛殿を大切に扱ったほうがいいですね。
 各武将は、兵種と武器がある程度決まっていて、レベルアップで特技を覚えていきます。決戦Vと似てますね。勝家・利家の槍の二重・三重串刺しコンビは重宝します。蒲生氏郷はどんどん特技を覚えて主力になり、これは決戦Vと同じです。丹羽長秀は、弓攻撃と後方支援能力が高く、やはり主力です。
 これに対して、秀吉、役立たず!兵種が軍師になっていて、弱すぎます。さらに鉄砲隊は雨が降ると駄目なのですが、このゲーム、なぜか雨が多いので使い物になりません。
 では、何を主力にするか?決戦Vと違って(?)忍者が大活躍します。レベルアップした忍者のレベルアップした武器は、離れたところでも着地地点の周りまで吹っ飛ばすすさまじい手裏剣になります(笑)。よって、このゲーム、滝川一益と蜂須賀小六が主力なんですねぇ。後の方で合流する筒井順慶・不破光治もなぜか忍者にできます。忍者にしなければ使い物にならない武将たちでもあるのですが(笑)。北条攻めは本当に大変で忍者隊で押し切りました。
 なんだかんだいって、この作品、みかけがちゃちなわりには2ヶ月くらい(分岐をつぶしていったので)楽しめました。ゲーム界に復帰するには手ごろな作品でした(笑)。
 一部、不評もあるようですが、戦国時代ファンにはオススメです。


posted by きよくん at 15:51| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

初代信長の野望

 初代信長の野望MSXテープ版、やったことある人は居ますでしょうか。とんでもないものでした(笑)。当時中学校2年で初めてパソコンがやってきたのですが、初めて買ったゲームは「けっきょく南極大冒険」。これはカートリッジだったのでファミコンと同じやり方(スロットに差し込む)でできました。
 そして続いて何を買おうかと思ったとき、パソコン雑誌やパソコンコーナーで話題となっていたのが「信長の野望」でした。PC-6001やFM-7、X1、MZシリーズなどで出ていたのが、MSXでもカセットテープで発売ということで、早速買いました。
 しかし、あの「信長の肖像画」が同じパッケージなので、ゲーム中身のグラフィックも同じかと思ったのですが、パッケージの裏面の画面の写真がすでに怪しい(笑)。よって、覚悟してたのですが、他機種と比較しても、さらに今からは想像も出来ないほどしょぼい画面。今出ている信長の野望リターンズとかでは絶対に分かりません。
 まず、MSXの処理能力の低さにより画面表示の色が限定されるため、グラフィックが「点と線」(松本清張かよ!)。近畿・中部地方は黒い背景に白い線で表現され、漢字が使えないため、国番号とカタカナ表記!グラフィックも一切無し!。BGM・・・あるわけない!ビープ音とか言うピーッという音で表現。ただひたすら静寂の中でコンピュータがおそーい思考を繰り返し、たまに音がピッと鳴る。何か動きがあるときは、思考に一瞬の間があるので、「やばい、攻め込んでくる」とかなんとなく分かりました。そんなときには案の定、短い音と共に「テキガ、セメコンデキマシタ!!」と赤い文字で戦争になります。しょぼいHEX戦では部隊同士が交戦すると、ぴーぴーぴーぴー・・・と全8回音が鳴り、結果として画面上の兵士の数字が減る、たまに「戦果アリ!」とドラクエの「かいしんのいちげき!」みたいなことがあって大幅に減ったりして、第一部隊がゼロになると勝ち(当然こちらの場合は負け)。X1とかを持っている友人の画面を見ると、処理速度の違い、さらにグラフィックとBGMに感動してました。
 それでも、めちゃくちゃ面白かった!めちゃくちゃ感動した!初めてああいう戦略的なタイプのゲームをやったのですが、こんなに面白いとは思いませんでした。
 ここから、すべてが始まりました。MSX故障と同時にカセットテープのゲームもどこかに行ってしまいました。今にして思えば貴重品です。もったいない。
 なお、覚えている範囲で他に持っていたカセットテープのゲーム(ダビング含む)。
 蒼き狼と白き牝鹿(初代)  黄金の墓  惑星メフィウス ミステリーハウス 
デゼニランド 東京ナンパストリート(伝説の名作(迷作) 笑)。
 
posted by きよくん at 18:52| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする