2006年02月08日

戦国自衛隊を見て

こんばんは。

 今日の戦国自衛隊を見た感想というか、テレビの方のブログに書こうかとも思ったのですが、戦国大名そのものについても関係するのでこちらに書きます。
 タイムスリップものは昔から好きで、かわぐちかいじの「ジパング!」とか大好きなのですが、今回の戦国自衛隊は、ドラマとしてはめちゃくちゃ面白かったというのが感想です。最後の部分、ハッピーエンドにならなかったのも良かった点ですが、さらに終わりの直前の小早川秀秋が機関銃で乱射するシーン、武将姿に機関銃というのもシュールで味があったのですが、セーラー服と機関銃の薬師丸ひろ子を彷彿とさせるものでした。友を守るために乱射するという点において、目高組を守るために戦った、薬師丸ひろ子演じる星泉組長と共通するものがあります。藤原竜也には、ぜひ「か・い・か・ん」と言ってほしかったのですが(笑)。
 
 しかし、実は、結構史実に忠実なところも垣間見えたりして、その意味でも興味深いものでした。
 まず @ 小早川秀秋は実は裏切り者と断言はできないという立場をとっていること。関ヶ原の戦いは北政所(高台院) 対 淀殿という側面があることは指摘されているとおりですが、高台院の甥である秀秋がどちらの立場をとろうとそれは裏切りとはいえないのではないか、とも考えうると思います。
 さらに言えば、ドラマ中に太平の世を開くために家康の味方をしたことが裏切りと表現されるならばそれでよい、という意味のセリフがありましたが、史実から言ってもそう考えることもできると思います。
 A 徳川家康のせっかち+自己中ぶり。実際の家康も、多分そうだったはずで、決してそれは家康の業績を低めるものではありません。ついでに言えば、もっと三河弁もしゃべってほしかった。
 B 徳川家康が、石田三成を「恩と義を重んじる」と高く評価したこと。三成がいつから大悪人になったか定かではありませんが、一方の雄として家康に対抗しうる名将であり、それなりの器はあったということは確かだと思います。
 などなど。

 とくにこのドラマで小早川秀秋のイメージは大幅に改善されたと思います。歴史の教科書を読む限り、なんてとんでもないやつだ、という印象を持つ子供たちがほとんどのはずですから。巨人ファンにとっては「小早川」という苗字は別の意味でもいい印象がありませんでしたが(笑)。
 
posted by きよくん at 00:01| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする