2006年01月27日

愛すべき歴史上の人物

前回、ちょっと自己紹介を書きましたが、実は、あえて尊敬する人物・好きな人物とかを書きませんでした。歴史ブログにふさわしく、その人物と、ほんの短い寸評を書こうと思います。

※ 昭和以降の人物は、政治的内容を含んでしまって差し障りもあるので略します(笑)。ブログは政治的・宗教的中立をモットーとしてますので。

歴史上の「素晴らしい」と特に思う人物(時代順)

1 曹操孟徳  天才! 悪役として書かれているが、実は人間的魅力はあったはず。
2 織田信長  言うまでもありません。
3 田沼意次  必要以上に悪く書かれてますが、開明的な民営化路線は現代に通用します。
4 井伊直弼  この人が居なければ今の日本はありません。あの肖像画はちょっと悪人すぎませんかねぇ。
5 大久保利通 明治国家の基礎を作ったのはこの人ですが、薩摩では西郷どんを殺した悪役扱いで、僕も、普段は、なかなか好きだといえません。

その他、好きな人物 

※ 山ほど居ますが思いつくままに(日本・中国限定)。怖い人・悪人とされる人多数。微妙な人も混じってます。微妙な人についての理由は想像にお任せします(笑)。

韓信、姜維、曹丕、張遼、天智天皇、後白河法皇、和田義盛、足利義教、松永久秀、
前田利家、伊達政宗、蒲生氏郷、藤堂高虎、島津家の人々(笑)、坂本龍馬、伊藤博文、
榎本武揚、陸奥宗光。

その他、ファンである人物(スポーツ選手限定)
おまけです。
 1 千代の富士  いろいろ週刊ポ○トとかで書かれてましたが、ダーティさも含めて好きです。相撲を30年見た中で最強横綱です。朝青龍はまだまだ。
 2 桑田真澄  高校時代から大ファンです。学生時代、巨人ファンのサークルで出していた学園祭の模擬店に「女性と」来てくれました(笑)。
 3 森島寛晃 ご存知ミスターセレッソ。Jリーグ一腰が低い。ヒーローなのにジャージでジャスコに行くのはやめてくれ!
 4 ミハエル=シューマッハ 赤い皇帝! 世界一の年俸で言うこと無し。毎年ジェット機を買うとはなんとうらやましい。 
 5 シンボリルドルフ(笑) 誇り高き皇帝!見た中では当然最強馬。天皇賞・秋でギャロップダイナに負けたときに泣いていた姿は・・・美しい(by 張コウ)

番外

 先日、「金貸商人」から「借り入れ」を行い、居城以外に「領土・支城」を獲得いたしました。領民が20名、年貢が「1公9民」程度です。これで「石高」が2倍になりました。三国志の英雄、日本の戦国大名がなぜ領土を拡大していったか、気持ちが少し分かりました。領国経営はいろいろなことが生じると思いますが、さらなる拡大路線をとりたいと思います。(何をどうしたか、現代語では書きません(いろいろあって書けません)ので、読まれた方は現代語に翻訳して考えてみてください(笑))
【関連する記事】
posted by きよくん at 19:19| 歴史総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする