2006年01月01日

正月なので王道・劉備

 あけましておめでとうございます。
 今日はどのことを書こうかと思ったのですが、ひねくれものの僕ですが、正月くらい、正義の味方・善玉・王者であらせられる、漢第六代皇帝景帝の子・中山靖王劉勝の末裔にして蜀漢先主・昭烈帝であり、かつ、皇叔でもある(以下略(笑))劉備玄徳殿を取り上げることにします。
 小学校の頃に初めて読んだ三国志が「演義」をもとにしている横山光輝の三国志である以上、いい人・劉備、悪人・曹操となるのは当然です。あの頃は若かった(笑)。実際の劉備といったら、もう・・・。「蒼天航路」の劉備(と曹操も)の方がまだ実像に近いでしょう。劉備は高祖・劉邦と似ていたという記述も話半分ですが、それでも、やくざの親分っぽいところがあったのは間違いないでしょう。劉邦も、横山光輝「若き獅子たち」よりは、本宮ひろ志「赤龍王」の方がいいと思います。まあ、横山光輝が連載していたのが主として子供向けの雑誌だったことも影響していると思いますが。いきなり女遊びの場面ばかりでは教育上よろしくないということで(笑)。
 さて、僕が高校の頃に買ったMSX版「三国志」では、当然のごとく、初めてやった君主は「劉備」でした。シナリオ3では、最初はたった1国なのに、やたら武将が多い!直ちに東側の空白地に数名ずつ移動して、兵を雇えるだけ雇い、曹操・孫権・劉表に同時戦争を仕掛け、北部軍は曹操壊滅後は袁紹、南方軍は孫権壊滅後に南方を回り劉璋、中央軍は劉表壊滅後に馬騰を殲滅、結構あっけなく天下統一してしまいました。
 その後、88版でシナリオ1で放浪→旗揚げを繰り返したり、高いカリスマを利用して曹丕や孫堅配下の孫策・孫権を引き抜き、面白かった記憶があります。
 今やっている「真・三国無双」シリーズでは、(これは曹操・孫堅・孫権に共通しますが)武器が剣のため、癖が無く使いやすい武将だと思います。とくに無双乱舞は通常攻撃の最後に出すとコンボ数が結構稼げます。動きも速く、あっという間にシナリオクリアも可能です。ただ、敵に回すと結構弱く、イベントによっては情けなかったりするのはご愛嬌か。
 ちょっと前にはまっていた「三国志戦記」シリーズでは、劉備編で天下統一することが出来たときは、結構感動しました。後の方になると、敵も強くなってなかなかなんです。劉備・関羽・張飛・諸葛亮他で10連鎖をしたときの快感は忘れられません。綿密に計算しても、どっかでずれちゃうことが多いので(笑)。10連鎖、合計で何十万人やっつけたのだろう。核爆弾よりも多いと思います(笑)。


三國志 10 with パワーアップキット

posted by きよくん at 16:10| 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする