2006年02月21日

陳羣 九品中正法

 陳羣、扱いは地味ですが、曹魏三代に仕え、ものすごい政治力・内政力を持っていたと思います。
 曹丕の回に触れた、官僚制度である九品中正法は、陳羣の献策です。曹叡が遊び呆けはじめた際には何度もいさめています(まったく効果はありませんでしたが)。
 その陳羣を使いこなすあたり、曹丕も君主としてはなかなか。あまり知られてませんが、かつて、陳羣は劉備に仕えてました。しかし、劉備が陳羣の献策を聞き入れず呂布に負けてしまったのですが、それとはえらい違います。まあ、劉備も若かったんでしょうけどね。劉備は、その後の流浪時に陳羣も失ったんですが、陳羣がそのまま劉備に仕えていたら、歴史はどうなっていたかも興味あります。なんか、諸葛亮と陳羣による政治って、ちょっと堅苦しそう・・・。堅物コンビ・融通の利かないコンビで秦みたいな法治主義の権化みたいな国になったりして。
 とくに、典型的官僚であったため、女たらし・郭嘉と仲が悪かったことは面白いです。曹操に、「郭嘉みたいなあんな不道徳な奴使うのやめろ」と何度も言ったのですが、これは、劉邦の時代の周勃とかが、劉邦に対して、天才軍師・陳平のお盛んな私生活や賄賂を訴えたのと似ています(横山「若き獅子たち」にも載ってますが)。それでも笑って郭嘉を重用し、他方でまじめに献言する陳羣も重用した曹操の器の大きさもさすがだと思います。魏ファンの贔屓目かもしれませんが。陳羣は荀イクの娘婿なんですが、当然浮気なんてしなかったと思われます(笑)。
 ゲームの三国志シリーズでは当然軍師としてかなりの知力・政治力を持って登場しますが、いまいち地味な印象がぬぐえません。仲達と並ぶ曹丕の軍師なんですがね。
 どうでもいいですが、陳羣は武力はからっきし駄目だったようですがその息子の陳泰は、なぜか武に優れ、郭淮とともに姜維のにくったらしい敵でした。柴田錬三郎の「三国志 英雄 生きるべきか死すべきか」では、魏の西部戦線に繰り返し登場して、姜維ファンだった僕はムカついた記憶があります。 
 細かすぎるな・・・陳羣特集のブログなんてあまり見たこと無い。マニアック武将列伝になってしまう・・・。

 どうでもいいですが、5万円の家賃を2000〜3000円値上げされたら、別の部屋を探して引っ越しますか?貸す側(副業)なんですが、どうしても値上げしなければならない事情があるのですが、入居者の同意が得られず困ってます。
posted by きよくん at 21:42| 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

織田信長伝

 
 今日は、あまりこのゲームのレビューを聞かないのですが、コーエーの「織田信長伝」について少し語ります。 
 オリエンタルラジオの武勇伝とも、石川梨華率いる美勇伝(写真集、素晴らしい!)とも違うことをあらかじめお断りしておきます。


 
 2年程前、まだ東京にいたころ、当時博士論文を書くために半年間一歩も(本当に一歩も)外に出なかった僕は、ようやく論文を書き上げ、半年振りに外に出ました。歩くのがきつくてふらふらになった中、ようやくしばらく遊べると思って、何かゲームを買おうと思ったものの、論文の邪魔になるのでPS2本体は実家(九州)に。それでも、なんとなくソフ○ップに行ったら真正面に目に付いたのが「織田信長伝」でした。PSのゲームだし、画面もちゃちそうだったのですが、安いからまあいいかと思って買ったのですが、まったく期待してませんでした。
 しかし、スイッチを入れたとたん、それはいい方向に裏切られました。確かに画像はしょぼい。しかし、内容は、期待していなかった分、かえって、非常に面白く感じました。このあたり、初代ファミコンで出た「ダービースタリオン」が極めて面白かったことと似ています。
 物語を進めつつ、軍議や武器の改良を行いつつ、戦闘を進めるのですが、基本的に選択肢によって話が分岐していくのですが、進め方次第では架空の話に行きます。ネタバレ覚悟で言えば、弟の信○を切るかどうかとか、武田滅亡後と家康の接待の2回で光秀を○○かどうかとか。林○○と佐久○信盛を追放するかどうかで本能寺の難易度が変わるとか(あっ ここまで書くとまずいか?)。本能寺を脱出する際、どの方角に逃げるかとか・・・。うまく逃げ切ってうまい選択肢にいくと、信長が天下統一できます。その際のラスボスは・・・やはりあの人です。
 さらにこのゲームの特徴は、結構敵が強いです。最初の方で(これは書いてもいいと思いますが)、義竜に攻められた斎藤道三を救いに行くのですが、道三隊は3ターンくらいで全滅してしまい、近づくことさえ出来ません。それはそれでゲームオーバーにはならないのですが、なんとか助けたく、何十回やっても駄目でした。また、金ヶ崎では、一定条件を満たしてクリアすると別シナリオに入るみたいですが、条件が厳しくてなかなか。下手すると全滅します。本願寺もうっとおしい。
 後半になって伊賀攻めでもしようものなら、敵忍者に、ぼこぼこにされます。その面をクリアしたこともありません。本能寺でも、信長・信忠だけで逃走することは可能ですが、かなり難しい。やはり、林○○殿と佐久○信盛殿を大切に扱ったほうがいいですね。
 各武将は、兵種と武器がある程度決まっていて、レベルアップで特技を覚えていきます。決戦Vと似てますね。勝家・利家の槍の二重・三重串刺しコンビは重宝します。蒲生氏郷はどんどん特技を覚えて主力になり、これは決戦Vと同じです。丹羽長秀は、弓攻撃と後方支援能力が高く、やはり主力です。
 これに対して、秀吉、役立たず!兵種が軍師になっていて、弱すぎます。さらに鉄砲隊は雨が降ると駄目なのですが、このゲーム、なぜか雨が多いので使い物になりません。
 では、何を主力にするか?決戦Vと違って(?)忍者が大活躍します。レベルアップした忍者のレベルアップした武器は、離れたところでも着地地点の周りまで吹っ飛ばすすさまじい手裏剣になります(笑)。よって、このゲーム、滝川一益と蜂須賀小六が主力なんですねぇ。後の方で合流する筒井順慶・不破光治もなぜか忍者にできます。忍者にしなければ使い物にならない武将たちでもあるのですが(笑)。北条攻めは本当に大変で忍者隊で押し切りました。
 なんだかんだいって、この作品、みかけがちゃちなわりには2ヶ月くらい(分岐をつぶしていったので)楽しめました。ゲーム界に復帰するには手ごろな作品でした(笑)。
 一部、不評もあるようですが、戦国時代ファンにはオススメです。


posted by きよくん at 15:51| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

初代信長の野望

 初代信長の野望MSXテープ版、やったことある人は居ますでしょうか。とんでもないものでした(笑)。当時中学校2年で初めてパソコンがやってきたのですが、初めて買ったゲームは「けっきょく南極大冒険」。これはカートリッジだったのでファミコンと同じやり方(スロットに差し込む)でできました。
 そして続いて何を買おうかと思ったとき、パソコン雑誌やパソコンコーナーで話題となっていたのが「信長の野望」でした。PC-6001やFM-7、X1、MZシリーズなどで出ていたのが、MSXでもカセットテープで発売ということで、早速買いました。
 しかし、あの「信長の肖像画」が同じパッケージなので、ゲーム中身のグラフィックも同じかと思ったのですが、パッケージの裏面の画面の写真がすでに怪しい(笑)。よって、覚悟してたのですが、他機種と比較しても、さらに今からは想像も出来ないほどしょぼい画面。今出ている信長の野望リターンズとかでは絶対に分かりません。
 まず、MSXの処理能力の低さにより画面表示の色が限定されるため、グラフィックが「点と線」(松本清張かよ!)。近畿・中部地方は黒い背景に白い線で表現され、漢字が使えないため、国番号とカタカナ表記!グラフィックも一切無し!。BGM・・・あるわけない!ビープ音とか言うピーッという音で表現。ただひたすら静寂の中でコンピュータがおそーい思考を繰り返し、たまに音がピッと鳴る。何か動きがあるときは、思考に一瞬の間があるので、「やばい、攻め込んでくる」とかなんとなく分かりました。そんなときには案の定、短い音と共に「テキガ、セメコンデキマシタ!!」と赤い文字で戦争になります。しょぼいHEX戦では部隊同士が交戦すると、ぴーぴーぴーぴー・・・と全8回音が鳴り、結果として画面上の兵士の数字が減る、たまに「戦果アリ!」とドラクエの「かいしんのいちげき!」みたいなことがあって大幅に減ったりして、第一部隊がゼロになると勝ち(当然こちらの場合は負け)。X1とかを持っている友人の画面を見ると、処理速度の違い、さらにグラフィックとBGMに感動してました。
 それでも、めちゃくちゃ面白かった!めちゃくちゃ感動した!初めてああいう戦略的なタイプのゲームをやったのですが、こんなに面白いとは思いませんでした。
 ここから、すべてが始まりました。MSX故障と同時にカセットテープのゲームもどこかに行ってしまいました。今にして思えば貴重品です。もったいない。
 なお、覚えている範囲で他に持っていたカセットテープのゲーム(ダビング含む)。
 蒼き狼と白き牝鹿(初代)  黄金の墓  惑星メフィウス ミステリーハウス 
デゼニランド 東京ナンパストリート(伝説の名作(迷作) 笑)。
 
posted by きよくん at 18:52| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

好きなものバトン

 烏まる さんから、今度は答えやすいバトンがまわってきました。歴史ブログなんですが・・・。直前に戦国自衛隊についての記事↓も書いたばかりなんで、それも ぜひ読んでください。

■好きな音楽
 (女)
 松田聖子 @青い珊瑚礁 Aチェリーブラッサム B白いパラソル
 モーニング娘。@ザ☆ピース! Aサマーナイトタウン Bハッピーサマーウエディング
        藤本美貴の歌全般
 おニャン子 @なぎさの『・・・・・』(なぎさのかぎかっこ)(うしろゆびさされ組)
       A冬のオペラグラス(新田恵利)   B青いスタスィオン(河合その子)
  
 その他 恋しさとせつなさと心強さと(篠原涼子)
 
 (男)カラオケでよく歌う
  Kinki Kids  B'Z   

 (クラシック)
  ドボルザーク  モーツアルト

 (ゲーム音楽)
 初代三国志の始めの音楽。
 君主が敵方に引抜とかをやりに行ってつかまって処刑されたときの音(笑)。
「蒼き狼と白き牝鹿ジンギスカン」の中東あたりの国のときに流れる音楽
 真・三国無双2のエンディングの一青窈の歌(「生路」でしたっけ?)

■気になるアーティスト
 鈴木亜美と上戸彩。あの歌唱力でどこまでいけるのか。浅田美代子レベル。 
 念のため言うと、下手であること売れるかどうかは関係ないので、けなしているわけではありません。その人にしか歌えない歌があるはずです(笑)。

■好きなバンドOrアーティスト
 モーニング娘。 Kinki Kids  SPEEDも好きだった。


■好きなスタイル
 GパンにTシャツ。いっぺんこの格好で授業してみたいが、学生と間違われそうで・・・。

■次に着たい服  
 和服 


■好きな生き物
 猫。めちゃくちゃ猫。猫と会話できる(笑)。歩いていると野良猫が遠くから駆け寄ってきて地べたでごろごろのた打ち回る。猫は猫好きが分かるらしい。

■好きな色
 オレンジ

■今集めているもの
 不動産。家賃。銀行の信用(=半分冗談です)。

■好きなお笑い芸人
 タカandトシ(突っ込みの嵐) Poison Girl Band(シュールさがいい)
 猫ひろし(ポーツマス!) 南野やじ(お経漫才)
 最近「チッチキチー」が口をつくようになって困っている。

■好きな番組
 山のようにあって困る。ワンクールドラマを除く、必ず見る番組は。
 @ 恋のから騒ぎ A お笑い全般 B 大河ドラマ
 C 大奥シリーズ D渡る世間は鬼ばかりシリーズ
 E その時歴史が動いた F昼の(メロ)ドラマ
 G NHK連続テレビ小説 H海外ドラマ「サブリナ」
 I 将棋関係の番組 Jスポーツ中継全般 Kガイアの夜明け

■好きな映画
 第二次大戦もの  

■好きな漫画
 こちら葛飾区亀有公園前派出所。幼稚園の頃から今まで買っている。
 三国志  項羽と劉邦  ナニワ金融道  

■今好きな人Or彼氏彼女はいますか?
いない。

■どんな格好の人ですか?


■好きな人に一言


■大好きな友達に一言
 よーく考えよう・・・お金は大事だよ・・・ 将来を見据えた人生設計を!

■お疲れ様でした。これを3〜6人に回してください。
 歴史とは関係なしに適宜よろしくお願いしますv


長くなったなぁ・・・。
posted by きよくん at 16:06| ○○バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

戦国自衛隊を見て

こんばんは。

 今日の戦国自衛隊を見た感想というか、テレビの方のブログに書こうかとも思ったのですが、戦国大名そのものについても関係するのでこちらに書きます。
 タイムスリップものは昔から好きで、かわぐちかいじの「ジパング!」とか大好きなのですが、今回の戦国自衛隊は、ドラマとしてはめちゃくちゃ面白かったというのが感想です。最後の部分、ハッピーエンドにならなかったのも良かった点ですが、さらに終わりの直前の小早川秀秋が機関銃で乱射するシーン、武将姿に機関銃というのもシュールで味があったのですが、セーラー服と機関銃の薬師丸ひろ子を彷彿とさせるものでした。友を守るために乱射するという点において、目高組を守るために戦った、薬師丸ひろ子演じる星泉組長と共通するものがあります。藤原竜也には、ぜひ「か・い・か・ん」と言ってほしかったのですが(笑)。
 
 しかし、実は、結構史実に忠実なところも垣間見えたりして、その意味でも興味深いものでした。
 まず @ 小早川秀秋は実は裏切り者と断言はできないという立場をとっていること。関ヶ原の戦いは北政所(高台院) 対 淀殿という側面があることは指摘されているとおりですが、高台院の甥である秀秋がどちらの立場をとろうとそれは裏切りとはいえないのではないか、とも考えうると思います。
 さらに言えば、ドラマ中に太平の世を開くために家康の味方をしたことが裏切りと表現されるならばそれでよい、という意味のセリフがありましたが、史実から言ってもそう考えることもできると思います。
 A 徳川家康のせっかち+自己中ぶり。実際の家康も、多分そうだったはずで、決してそれは家康の業績を低めるものではありません。ついでに言えば、もっと三河弁もしゃべってほしかった。
 B 徳川家康が、石田三成を「恩と義を重んじる」と高く評価したこと。三成がいつから大悪人になったか定かではありませんが、一方の雄として家康に対抗しうる名将であり、それなりの器はあったということは確かだと思います。
 などなど。

 とくにこのドラマで小早川秀秋のイメージは大幅に改善されたと思います。歴史の教科書を読む限り、なんてとんでもないやつだ、という印象を持つ子供たちがほとんどのはずですから。巨人ファンにとっては「小早川」という苗字は別の意味でもいい印象がありませんでしたが(笑)。
 
posted by きよくん at 00:01| 戦国大名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

番外編 MSXの思い出

 前回のバトンで触れた「初代信長の野望」について書こうと思ったのですが、少しばかりMSXについて書かないと背景が分からないかもしれないし、僕も懐かしいので、ちょっと番外編として、MSXについて書きたいと思います。MSXって皆さん知ってますか?僕が中学校に入った昭和58年頃、ソフトについて各社製品で互換性がある画期的なパソコンが出る、それも安い、ということで、大きな期待とともに迎えられたパソコンです。
 当時、クラスではパソコンを持っている人間は1−2名で、それまでのNECのPCシリーズや富士通のFM−7、シャープX1、MZシリーズは10万とか20万とかのレベルの話だったので、庶民の子供にはなかなか手が出ないものだったのですが、MSXはせいぜい5万円くらいだったので、一気にパソコン保有者が増えました。
 それぞれのメーカーによって機能、値段設定に差があったので、好きなMSXを買って、ゲームをお互いに貸し合うという使い方をしてました。後になるとゲームを10人くらいで共同購入してラジカセで生テープにダビング(簡単にダビングできました(笑))、本体は売却、という手法で、実費が1本100円程度でどんどんゲームが増えていきました。著作権もくそもあったものではありません。いい時代でした。
 僕が買ったのはナショナル「CF−2000」 値段は5万4800円だったと思います。値段はMSXの中では高めでしたが、スロットが2つついている点が大きな特徴でした。それと、TVにつなぐためのコンバータが別売りだったような気が・・・。後、カセットテープソフトが多く、また、フロッピーディスクがついてなかったので、15000円程度の「データレコーダ」を購入し、部屋にあった14型テレビに接続。この状況からしてすでに今からは想像も出来ませんが、初めて電源が入り、テレビに文字が映ったときの感動は、昭和20年代にはじめてテレビが来た家の子供と同じようなものと推測されます。
 家にはファミコンもあったのですが、やはり、キーボードがあるのは違います。また、「ぴゅう太」なるまがいもの(笑)と異なり、パソコンとしての最低限は満たしていたと思います。パソコン雑誌に当時はベーシックとマシン語のプログラムが載っており、キーボードで打ち込んで、ダブルカセットのテープレコーダ(これも当時もっている人は少なかった)でダビングして、学校で配ったり売ったりしてました。打ち込むのは結構手間がかかり、とくにマシン語の場合、膨大な数字の羅列の一つでも間違って実行すると「暴走」してとめられなくなるので非常に神経を使い、カセットテープにセーブを繰り返しつつ深夜に及ぶ打ち込み作業を行っていました。
 この作業のおかげで、今でもワープロを打つのが早かったりします(笑)。世の中何が幸いするか分かりません。
 そのMSX、一言で言えばいまからみればしょぼい!今のパソコンを人間とすれば、まさに進化の過程からするとミジンコレベル。カセットテープのゲームをロードする際、長いプログラムだと30分かかるのは当たり前。数本に分かれたカセットテープで途中で止まったりするとやり直し。画面も、ゲームで漢字表記が出来ないのですべてカタカナとか。カートリッジタイプのゲームもファミコンの方が動きもグラフィックも滑らかだったりして、中途半端なパソコンとも思われています。
 そのMSXはまもなくMSX2という後継機に引き継がれ、いつしか消えていきました。僕のMSXも故障を繰り返し、今では手元にありません。しかし、その意義は大きいと思います。当時の大人たちは、パソコンをやっていると「何を遊んでいるのか」と怒っていましたが、パソコンが無ければ生活できないようになった今にしてみれば、当時、MSXで始めてパソコンに触った僕(および多くの人たち)にとっては、きわめて大きな意義があったと思います。
 大人になってパソコンを始めた同世代の友人たちは、今でも困っているみたいです。もう少し下の世代では、こんな現象は無いんでしょうがね(笑)。
posted by きよくん at 19:45| パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

スキなものバトン

こんばんは。

 本業が学年末ということで、レポート200人分の採点と成績付け、だんだん疲れてきて後半はもう何をやってるんだかわからなくなりました。これで学生の人生がちょっとだけ左右されると思うと・・・。ともかく、やっと採点も終わり、後は今度大学に行ったときにマークシートに記入するだけです。パニックの一週間でした。ふうー。

 ということで、烏まるさん から受け取っていた「スキなものバトン」にようやく取り掛かります。テーマは歴史ゲームということで。

●今手元にある歴史ゲームは? (手付かず多数)
 三国志シリーズ 信長の野望シリーズ 
 真・三国無双シリーズ  戦国無双  太閤立志伝U―X  三国志戦記
 風雲新撰組  風雲幕末伝 維新の嵐 提督の決断シリーズ  
 蒼き狼と白き牝鹿シリーズ     織田信長伝  三国志孔明伝 三国志英傑伝
 
●今妄想している歴史ゲームは?
 冷戦中の世界をテーマにしたゲーム。政治要素を含めたもの。15年位前に88のSR以降(←この書き方の意味、今の人たちに通じますかね(笑))で「バランス・オブ・パワー」という類似のゲームがあった。

●最初に出会った歴史ゲームは?
 昭和59年ごろ、信長の野望(MSX版)。媒体がカセットテープで、テープレコーダーでロードを行い、生のカセットテープにセーブしていたような記憶があるが、記憶違いでしょうか?ロード、セーブ中の音が「ピー ピッ ピーガガガ・・・・」とかで面白かった。
 このゲームでコーエーの歴史がスタートした、まさに「歴史的ゲーム」。内容については、17カ国のみで大名も選べない、HEXの画面なども今では考えられないくらいしょぼいやつだったが、当時は衝撃的に面白かった。このゲームに出会ったせいで、今まで数千時間(数万時間かも)無駄にした(笑)。
 
●特別な思い入れのある戦国ゲームは?
 初代三国志。高校1年の頃に買ったが、3日間徹夜でやるくらいはまった。その後、約20年を経た今も、パソコンは変われどたまにやるほど面白い。内政を一切せず戦争・戦争で数時間で統一するやり方が好み。 

●最後にバトンを回したい5人と、それぞれのお題は?
 見た方で、気が向いた方は受け取ってください。
posted by きよくん at 19:12| ○○バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする